local media 3

「おいしい」がつなぐ喜びを 宮田理恵

おいしい! それがオーガ二ックだった

 その人は華やぎと共に現れ、熱く、ワインについて語り始めました。

「これこれ! というワインに出会ったの。それがオーガニックだったのよ!」

 宮田理恵さん。ワインソムリエ、フードコーディネーター。彼女はその時の感動が忘れられず、オーガニックワインについて調べ始めました。そし て、生産者に会いたいと、ヨーロッパ各地の 農家を訪ねるようになりました。1999年頃は、ヨーロッパでもオーガニックワインは変人のワインと呼ばれる時代でした。そんな中で彼女は感動的な出会いを果たします。

「南フランス、ラングドック地方のドメーヌ レグリエールという蔵に、コメラスさんという、有機ワインを作り始めた方がいたんです。現在では三大ラングドックのひとつに入るくらい評価の高いレグリエールですが、もとも とは協同組合長を務めたコメラスさんが、品 質の高いワインがここでも作れることを証明するために、手間ひまかけて作りあげたワインです。コメラスさんはラングドックの地が見直されるきっかけを作った功労者なんですラングドック地方はもともと 土地で、ぶどうがたできるために安いワインの産地 中でコメラスさんは収量を減らし、とにかくよぶどうづくりに情熱を注ぎました。
 農薬や除草剤を使うとぶどうの発酵に必要 な自然酵母がなくなって発酵が進まなくなり、人工酵母を使って発酵させる場合も多いのですが、有機栽培で微生物がついているぶどうは自然に発酵が進みます。その分手間ひまがかかるから2万本はできない。だけど2千本のいいものならできる。そういうことを伝えていきたいって思うようになりました」

 有機栽培のぶどうの木は、水脈まで深々と根を伸ばします。その深くまで伸びた根が土壌の水分とミネラルを吸い上げるので、100年に1度の間伐がきても大丈夫なのだそう。自然に即していると生命は最大限の力を発揮して子孫を残そうとするので、強く、そしておいしく育っていくそうです。
すっかりオーガニックワインの虜になった 宮田さんは、2005年から頻繁にヨーロッパへ通うようになり、畑によるぶどうの木の 育ち方の違いや、ワイン製造過程での発酵の 違いなどについて見識を深めていきました。そしてフランスだけでなく、スペイン、イタリアなども訪れて農家とワイナリーをまわリ、自ら立ち上げた会社でオーガニックワインの輸入販売も始めました。

IMG_0082(1)
宮田さんが世界最高の白ワインと呼ぶ「ヨスコ・グラヴネル」

人をつなぐ仕事へ

 そんな風にヨーロッパへ通ううちに、宮田さんの目は日本へと向いていきました。

「オーガニックをきっかけに、日本の生産者 さんとのつながりも持てるようになりました。野菜だけでなく、肉や魚も同じ。EMや酵素 ジュースを餌に混ぜて育てた豚のお肉は全然 味が違うんですよ! そんな風に手間がかかっていることが食品本来のおいしさを生むんですが、本来のうまみがないもの物が多いから、みんな本来の味を知らないし、その違いがわからない。いろんな人にその違いを知ってもらうために、体験セミナーで有機農家さんに連れて行って、畑を見てもらうようにしているんです」

 宮田理恵と行くアグリツアーは日本、ヨーロッパなど各地へとコースを広げています。

「でも私、JAさんとも一緒にお仕事しているんですよ。どっち派? なんて聞かれること も多いんだけど (笑)、私は間にいたいんです。『それもいいよね』とお互いを認めあいながら、有機農業も慣行農業も一緒にやっていきたい。オーガニックにこだわりすぎると、そうでない人は罪悪感を感じることがあるんです。だから逆に、すべてをオーガニックにしなくていいよ、と言ってあげたい。週に1回玄米を食べるとか、スイーツだけマクロビにしてみ るとか、できることから始めたらいいと思います」

 そんなフラットなスタンスでいたいという宮田さん、近頃は仕事の方も多岐にわたってきました。6次産業化のアドバイザー、飲食店立ち上げのコンサルタント、イベントのプランニング…。コミュニケーションを深めながら、人と人をつなぐ仕事が増えてきているそうです。会社の名前の「Catena(カテナ)」はフランス語で「繋がり」「鎖」などを表します。これから宮田さんがつくるさまざまな結びつきが、 たくさんの人の笑顔を生んでいくのが見えるようですね。

宮田理恵web
スーパーマーケット「フーデリー」での安心な食のプロデュース、宮崎の特産品「日向夏」のフードコーディネートなども行っている。

PROFILE 宮田理恵・みやたりえ 株式会社カテナ代表取締役。フードコーディネーター、フードコーディネーター、ワインソムリエ、オリーブオイルソムリエ、宮崎県県産品アドバイザー、宮崎県みやざきブランドマーケティングアドバイザー。「食のプロデュースで本物を伝える、繋げる会社」をテーマに、商品や会社のブランディング、商品開発、ショップやイベントのプロデュース、コンサルティングを行っている。http://www.catena.co.jp/

新着記事