2017/05/29(月) 21:34

とくらさんちの下郷通信①始まる田んぼの日々

カテゴリ: 食べる

下郷へ来て、今年で6回目のたんぼが始まっています。朝晩の冷えのせいか、雨が少ないせいか、苗はまだゆっくり成長中。

 

2017nae 1991 640x427

我が家は「とくら家のたべるもの」という屋号で自然栽培・掛け干しでお米を育て、販売、出店や農業体験などをしていますが、集落営農「樋桶の郷」でも集落の皆さんとお米作りをしています。高齢などが原因でできなくなった田んぼを請け負ったり、部分的に草刈りや代掻き、刈り取りなどの作業を請け負います。苗が育つのを待つ間は、集落の人の田んぼ仕事をしたり、田植えの準備の日々です。

 

18788326 1309767499137252 265150161 n 640x427

下郷へ移住してきた友人達の中にも、本職の傍ら「家族で食べる分を少しでも」と田んぼをしている人達がいます。消費が中心だった暮らしを「自分たちの手でつくる暮らし」にシフトしたいと思う人が移住者には多く、食べものの自給だったり、住まいを作ることだったり、エネルギーだったりと様々です。そんな様々な移住者が話す「移住のこと/暮らし」が映像になっています。移住を考える人もそうでない人も、これからの暮らしをあらためて考えてみたくなるような内容になっています。本編は少し長いですが、おすすめです。

福岡県との境に面した大分県最北部に位置する中津市。その中心部から車で30分ほどの中山間地域、耶馬溪。この地域へ移り住んだ人たちの「あたらしいくらし」とは? 耶馬溪への移住者4人によるクロストーク。

~~~「新しい暮らしがあるらしい」構成~~~
1:29 「それぞれの移住 経緯」
14:06 「つくること 住まい 食べもの エネルギー」
18:14 「オリジナル 仕事をつくる みつける」
25:07 「都市と田舎 耶馬溪の暮らし」
30:21 「地域 集落 自ら選んだ場所」
35:40 「ここに暮らして これからのビジョン」
41:35 「移住への準備」

中津市の空き家情報は→なかつ移住の窓口 http://iju.city-nakatsu.com/
中津市ホームページ http://www.city-nakatsu.jp/

「とくらさんちの下郷通信」は、福岡県との県境にも近い山郷、大分県中津市耶馬溪町の下郷地区を中心に、下郷での戸倉家のお米作りも交えながら、移住者のくらし、地域のくらしなどを写真、映像、文章でお伝えしていきます。

この記事は 136 回読まれました 最終修正日 2018/04/08(日) 13:05
澤田佳子 さわだけいこ Kco Sawada

ローカルメディア3代表・編集長。コミュニティ×循環型の暮らしを求めて関東から九州へ。九州のローカルネットワークをつなぎながら、固定概念を超えた新たな選択肢「次の暮らし」が生み出す世界の実現に向かう。


 関連した記事

 

最新記事

2018/04/04

《4月の運勢UP》ユミツエワンのチベットタロット占いで、なりたい自分を引き寄せる

in 遊ぶ・学ぶ
チベットに4年半暮らし、曼荼羅、仏画、占いを学んだユミツエワンさんが、チベットの伝統的な修行者のカードを自作の絵で再現したオリジナルチベットタロットで、あなたの運勢を占います。ポジ…
2018/03/01

《3月の運勢UP》ユミツエワンのチベットタロット占いで、なりたい自分を引き寄せる

in 遊ぶ・学ぶ
チベットに4年半暮らし、曼荼羅、仏画、占いを学んだユミツエワンさんが、チベットの伝統的な修行者のカードを自作の絵で再現したオリジナルチベットタロットで、あなたの運勢を占います。ポジ…
2018/02/13

好きなことをして生きるためにお金を探求したら、お金が問題じゃないってことがわかった〜ハコネエコビレッジ村長・石井真さん

in 遊ぶ・学ぶ
速読方で人生が変わる? 滞在型の循環型コミュニティスペース「ハコネエコビレッジ」の石井真さんが、エコビレッジをつくるようになったワケは、「楽読」という速読方にあった。人生のどん底を…

 

side bnr fbgroup

sidebnr vol4 1